仕事の話

コロナウイルスの影響の対策

みなさんこんばんは、今日は満月で何かいいことありそうな気がしてます。

ずっとコロナウイルスの話題で持ち切りですが、

コロナウイルスの影響が、じわじわうちのコンビニに来ています。

その中で私たちのコンビニにも、お客様の減少と、

それによって、売上の減少が急激に来ています。

本部での、商品の安売りセールを行ってくれましたが、定番の商品を

半額で販売して、お客様の来店を増やす狙いがありましたが、安くした

商品は売れましたが、他の商品に購買意欲がわかなくて、安売りして

その販売で手間だけがかかって、売上アップの対策にはなりませんでした。

まあそれでも、本部は何億か出しているので、加盟店への売り上げの

対策をしていると、ある統括部長が言っていました。残念な考えで呆れました。

この安売りは、お客様だけに、メリットがあって加盟店には、メリットは

なかったと思います。それでも加盟店に売り上げのアップの協力をしている

と言ってるのは、おかしいと思いました、加盟店あっての本部の利益が

あると思いますので、もう少し加盟店の、利益の減少に対する、補填とか

施策をていかないと、はっきり言って辞めなければ、いけない店舗も増えて

来てしまいます。そんな中これからの、コンビニの本部の対応を見ながら

色々な事を、考えていかないといけないです。

秘策ではありませんが、私のコンビニで行っている対策を3項目でまとめました。

もうすでにやってると思いますが、もう一度確認の為に見てください。

① 人件費の削減

  一番コンビニの店舗経営を、やっていると肝心な部分です。

  とうぜん今、働いてくださるスタッフの事情も考えながら、

  シフトを作る必要があります。私の店舗は3人の社員がいます。

  理想は3人で24時間を回すのが、簡単に経費の削減が出来ます。

  ですがみなさんの、事も考えながらシフトを作る必要があります。

 *深夜はアルバイトの2人で、7日間合わしていまのでそこを

  一人、1日ずつ減らし、社員が2日間入ります。

  ここで8時間として時給¥1500として

  1日 ¥1500X8時間=¥12000 X2日間=¥24000

  月にしますと4週としても ¥24000X4週=¥96000

  の人件費の削減が出来ます。私達のコンビニでは

  この夜勤の2日間、社員が行うことで削減していきます。

② 廃棄の調整

  一番難しい廃棄の調整です。できるだけ売れ筋を取っていきます。

  お客様には、選ぶ選択範囲が狭まってしまいますが、数量も減らして

  行きます。担当替えをおこない、新しい発注の感覚で新商品を

  そろえたりします。担当が変わると売り上げも変わります。

  廃棄できる、1日の金額を、はっきりさせて毎日確認します。

③ 無駄な在庫の調整

  特に日用品、カップラーメン、お菓子、たばこの在庫を減らします。

  私のコンビニは、たばこの在庫が商品の3分に1を占めています

  少し多いので、廃棄の調整の時のように、担当替えをして必要の在庫量を

  考えて極力、ギリギリで回します。

私のコンビニでは、上記3点をおこない、現状の売上の減少の対策をします。

ここ数ヶ月が、大変な時期になります。ここをみんなに協力してもらい、

これから長く、スタッフの皆さんと働けるように、頑張りたいと考えています。

コンビニの経営している。みなさんのお役に立てれば嬉しいです。

基本的な事しか言っていませんので再度、自分の経営している店舗に

落とし込んでみてください。ともにこの難関を乗り切りましょう。

  

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-仕事の話

Copyright© tenrublog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.