心理カウンセラー

不登校の解決策

みなさんこんばんは、先日は不登校の原因に

ついてお話しました。少し解決策についても

触れましたが、具体的に自分の子供が不登校

に、なってしまったら、なかなか冷静に、

客観的に考えられないと思います。

「まさか、うちの子が」と思うのが

普通だと思います。私も息子が不登校に、

なった時は冷静でいられなく、とにかく

息子を学校に、行かせようとして、息子の

気持ちに、寄り添うことが出来ずに、

学校にいけない、息子を攻めるばかりでした。

そんな中、私の経験と、心理学を勉強した

中での解決策をお話します。まず手順があります

それについてお話します。

① 原因を探る

  不登校になるのは、原因があります

  学校での、友達関係、教師との関係

  学力の不振こんな事が挙げられます。

  まずは、子供は原因については、話は

  してくれませんので、学校での出来事

  を教師に聞く、事が大切です。不登校の

  場合はだいたい、親が子供の学校での

  様子は、なかなかわかりません、わかると

  したら、3者面談とかで少し様子を知る

  くらいです。できれば子供に、知られない

  ように教師に、電話や直接会って聞くことが

  原因を知るための、近道になります。

② 解決策のを知るために子供に聞く

  原因がわかったら、次は解決に向けての 

  行動です。まずは子供は、学校での問題を

  話したがりません、出来れば話しやすい

  環境を、親が作る、具体的にはいつもと

  違う環境の、ところで話をする、例えば

  ドライブに連れていくとか、自宅ではない

  ところで、聞くと話をしやすくなります。

  私の場合は、息子だったので一緒に、銭湯に

  行ったり、ゲームセンターやバッティングセンター

  のようなところに、いつたりして、帰り際に何気なく

  学校の事を、聞いたりしました。自宅から離れると

  案外、話をしてくれます。

  あくまで自然に、話を聞いてあげてください。

  攻めるように、聞いてしまうと余計に話さなく

  なりますので、きずかいが必要になります

③ 教師に要望を伝える

  うまく子供から、話を聞けることが出来れば

  教師に子供の、要望等を話して、例えば

  今は教室でみんなと、一緒に過ごせないので

  あれば、保険室に登校するとか、今では

  学校に、常勤ではないと思いますが、カウンセラーが

  います。その人に相談してみる。

  保健室に登校する。どんな登校スタイルでもいいと

  思います。常に子供の味方になって、あげる

  これは大切です。うちの子供も保健室に登校

  してました。

④ 今後の課題を、考える

  部活には行けるなら、行かせてあげる

  3年生なら進路を、考える通信性の学校

  専修学校等、通信なら学校に行く必要が

  ないし、専修学校は私立ですが、不登校

  だった子供が、多く子供に対するケアが

  優れている。

以上がだいたいの手順になります。一番大切なのは

子供気持ちを大切にする、子供が思うようにしてあげる

まだ小さいので、親の誘導が大切なのかも、知れませんが

子供の、考えを大切にしてあげよう。

もう一つ大切な事は、まずは親が変わろう、みんなと違って

もいいです。親が世間体とか固定観念にとらわれずに

子供の意見を尊重しよう。

子供は宝ものです。私の息子は23歳になりました。

まだまだ考え方は、子供ですが純粋な心を、もっています。

親が子供を、伸ばしてあげることが出来れば、親の役目は

ひとつ終わります。まず信じて心配はしない、私も

まだまだ親としては、未熟です。でもそんな中

息子と一緒に、未来を切り開いていきたいと思います。

読んで頂き、ありがとうございます。

感謝してます。

 

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-心理カウンセラー

Copyright© tenrublog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.