交通事故

交通事故の個人的な示談

みなさんこんばんは、今日は交通事故で人身事故を

してしまった時の、示談の方法を少解説します。

人身事故は交通事故を、起こしてしまって相手が

病院に掛かると、人身事故の扱いになります。

物損事故の場合は、近くの交番に行ってくださいと

言われます。相手方に怪我が、ない場合に限ります。

事故を起こすと、ほとんどは相手の方が、首が痛くなったり

腰が痛くなったり、するので加害者は被害者に対して

一度病院で診てもらってくださいと、言いますよね

その時点で人身事故扱いになり、交通課の警察官が

きて現場検証をします。以前は交通事故を起こして

しまった時に、対処方法を解説しましたが、今回は

私が、起こしてしまった、人身事故を例にお話を進めます。

特に今回は、相手が妊婦さんだったので、個人の示談交渉が

必要になりました。特例ですので、その話を中心にお話します。

① 相手が妊婦さんだったので、お腹の中に胎児の心配

  保険の規定では、妊婦さんに対しての特別な、規定や特約がなく

  例えば、首が痛い、腰が痛いは整形外科ですよね。

  妊婦さんだと、治療が限られてしまいます。電気治療、けん引

  整体治療はできません。温熱治療のみになります。

  念のため産婦人科に診察に、行きますがこれも保険適応外に

  なります。ですので1日当たりの、慰謝料は整形外科、産婦人科の

  両方に行っても、1回分の役1万円ほどの慰謝料になります。

② 治療の期間、6ヶ月をめどに打ち切ります。20日間、何も

  治療を行わないと、そこで治療は必要なしとの、判断で治療終了と

  なります。出産の時期が3ケ月で来た場合は、出産日、前後1ヶ月

  は家で安静にしていなければいけません。

  そうすると、1ヶ月半は病院に、通えないので打ち切られて

  しまいます、妊婦さんだとなかなか、通えないのでその期間は

  どうするのか、しかし妊婦さんは特例が、ないので打ち切られます。

  その場合は、まず保険会社に相談してみるのも、いいと思います。

  しかし無理だと言われる可能性が大です。

  その場合は、加害者に相談するのも、ひとつの手段ですね。

  「保険会社の、規約にはないので、妊婦の特例がないので、

  そのもらえない間の、費用を負担していただけませんか?」

  と聞いてみるのも一つの方法です。

以上の2点を踏まえて、示談交渉にあたります。

私の場合は、私が加害者で被害者が、妊婦さんでしたので、②の

通えない部分の、負担の相談は受けました。追突したのはこちらで

100%こちらに、責任があるので保険会社の規約に、基ずいて

1日(9900円)x30日=297000円を支払いました。

この金額につきましては、保険会社は関係なく、示談金の

交渉をしました。正直、相手から相談を受けると、こちらの

責任であれば、支払いをした方がスムーズに最終的な

保険会社との、示談交渉もスムーズにいきます。

直接、相手との交渉は必要かと、言うとその事故の、状況に

よって変わります。

保険会社の移行のみで、直接、相手との交渉はしないという

選択もあります。私の場合は、全面的にこちらに責任が、

ありましたので、直接の示談金の交渉をしました。

この辺の選択は、本人の責任で行うしかないです。

私の場合は、直接の示談金の交渉は、終わりましたので

後は相手と、保険会社との交渉になります。

以上です。何かの時のお役に立てればと思い、私の実例

をお話しながら、記事を投稿しました。いつも

読んで頂きありがとうございます。

感謝してます。

  

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-交通事故

Copyright© tenrublog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.