プライベートな話

介護について

みなさんこんばんは、今日は高齢者の介護についてのお話をします。

私の家には、84歳になる母がいます。1月に肺炎と診断されましたが、

入院の必要もなく、投薬と通院の治療で治りました。それから少し

たっての、今騒がれています。新型肺炎のコロナウイルスの感染が始まりました。

まだ私たちの、県は緊急事態宣言の対象の中には入っていませんが、徐々に感染者が

増えてきています。今日はそんな中、母の介護認定が終わり、今までは支援2の

比較的に軽い認定で、介護保険で利用できるサービスの範囲が限定されていましたが、

介護2になったことで、新たなサービスが受けられるようになりました。

難病のパーキンソン病の、進行もあり自分で体を動かしにくく、なってきています。

今、パーキンソン病の診断をされても、難病の申請に行っていない方が、多いような

気がします。難病の申請をして受けられるサービスは、ありますのでまだ申請に、

行かれていない人は、是非に申請してください。色々なサービスを受けることで

難病に進行を、遅らせることが出来たり、申請をすることで精神的にも安心したり

するメリットがたくさんありますので、申請は診断してくれた、病院に相談するか

保健所が難病の申請の窓口になっていますので、問い合わせて見てください。

話がずれましたが、介護2で受けられる―ビスが変わりました。

私の母の場合ですと、ディサービスに通う回数を、現在、週2回から3回に、あとは

ショートステイと言って、短い期間、施設に泊まることもできます。

介護度によって、変わって来ますので、担当のケア―マネイジャーさんがいますので

確認してみて下さい。私の場合は、常に私は働いているのですぐに、連絡が取れませんので

姉に連絡がいくようになっています。すごく助かっています。たぶん私だけですと、働いて

いられないと思います。そんな感じで私の家は、何とか母の介護が出来ています。

やはり家族の支えが必要です。今も家族の介護で大変な思いをされている人が

たくさんいます。みんなで支えあって頑張っていきましょう。

今日は母の介護の事を少しお話しました。

いつも読んで頂きありがとうございます。感謝しています。

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-プライベートな話

Copyright© tenrublog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.