営業マンとして

学校にいけない子供たち

みんさんこんばん、今日は子供たちの不登校に

ついてお話します。先日いっしょに働いています。

子供を3人(小学生2人 中学生1人)育てている

お母さんのからお話を聞いて、中学生の息子の

友達が、不登校というお話でした。原因は女の子が

怖いという事で、私もカウンセラーをやっていて

あまり聞かない、ケースだと思いちょっとおどろき

ました。子供の心は純粋で、些細なことに傷ついたり

悩んだりします。大人が何気なく言った事が、子供を

傷つけてしまったり、学校でのいじめ、今はSNS を

誰でもやっているので、例えばグループラインで、

あてを中傷、したり仲間外れにしたり、結構、既読に

なっても返信が、来なかったら何でだろうとか悩んだり

しますよね。今の子供は、スマホをもってたりするため

色々なところで、心が傷つくことがあります。

それによって、不登校になったり、引きこもりになったり

してします。子供たちが多いようです。

ちょっと古いですが、文部省が発表した2019年の

「問題行動、不登校等調査」によると、小学生、中学生を

合わせて16万4000人だそうです、前年が14万4000人と、

2万人も増えています。大変な社会問題になっています。

今日は、不登校の原因を探りながら、子供さん

への接し方、私の経験を、踏まえながらお話していきます。

原因は下記の、2点のカテゴリーの中で起きます。 

① 学校生活に起因

  いじめ、いじめを除く友達関係、教師との関係の問題

  クラブ活動、部活動への不適応、学校の決まり等の問題

  入学、転編入学、進級時の不適応

②家庭生活に起因

  親との関係、兄弟との関係

小学生の高学年、中学生主に①の学校での、事が原因です。

学校に関して、ですと先生にサポート求めたり、カウンセラーが

いる学校と、相談しながら子供との、接触の仕方を考えて

行きます。

小学生の低学年は、②の親との関係が主な原因です。

ここについては、親の過干渉や、逆に子供に関心がなく

話を聞いてあげないことが原因です。

③ 対応

  ①②の対応としては、いつも子供の味方でいる

  子供の話をじっくり聞いてあげる。

  子供を信頼して、過干渉にはならない。

以上が対応の仕方を、わかりやすくお話しました

詳しいことはまた後日お話します。

 

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-営業マンとして

Copyright© tenrublog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.