営業マンとして

最前線の仕事は営業マン

こんばんは、今日は簡単に営業は、会社の最前線の仕事で

営業マンがいないと、会社が成り立たないので 重要な

仕事です。最初に書くべきだったのですが、まずは精神論

この記事を読んで、営業を初めてやって行く上での、心がまえが

分かる3行で解説します。

① お客様は、神様であるは、本当は嘘

  *よくそうゆう人がいますが、売りてと買い手という

   立場があるだけで神様ではないです。対等の立場で

   話をしないと、相手の言いなりになるだけです。

   相手の主張も聞いて、必ず自分の主張もする。

   ある意味なめられてはいけない、決して弱い立場では

   ない本当に対等である。

② 営業は断わられ当然

  *一般家庭に訪問する営業は、飛び込みが多いですが

   断られるのが当然と思って、最初は数をこなす。

③ 仕事によって変わってきますが、最初から売り込むな府

  *最初から、ガンガン商品説明をしている人がいる    

   そういう場合も必要ですが、最初は人間関係を築く為に

   まずは商品の話をしながら、周りを見ながら、この人は

   どんな趣味があるだろうと考えながら、壁に掛かって

   いる絵とか、ゴルフバックがあるとか、相手の趣味を見つけて

   絵だったらほめたりして、どんな絵が好きかきながら

   相手を褒めたり、相手の得意分野の話をさせる。

初めてお客様に、訪問すると時は、上記3点が大切です。

自分の経験を話すと、下記の流れで話をします。

あいさつ⇒商品の説明を軽く言う⇒興味があるか確認する

⇒興味がない場合は、周りを見て、趣味とか聞いて、

 それに対して、質問をして聞き出す。

⇒話が和んできたら、話を戻して再度興味があるか聞く

⇒興味がある様なら再度商品説明

⇒どうですかと、購買意欲を高めるクロージングをする。

⇒次に会う約束を帰り際に決める

こんな感じで私は営業をしてきました。とにかく

最前線での仕事なので、自信を持つて行動しよう。

   

  

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-営業マンとして

Copyright© tenrublog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.