仕事の話

色々な仕事

みなさんこんばんは、今日は私が今まで就職

していた。仕事でやりがいのある仕事について

お話してきます。私は25歳まで様々な仕事を、

してきました。ガソリンスタンドの店員、工場の作業員

持ち帰り寿司屋 内職の配達の仕事、ミシンの販売

の営業、タイヤショップの店員、商社の営業どれも

やりがいは、ありましたが、私に合っていたのは、

営業職でした。今はコンビニの店員です。少し経営に

かかわっていますが、私は経営者ではありません

新卒で就職活動をして、実際に何が自分に合って

いるかわかりませんよね、やってみないとわからない

部分があります。私が仕事を、何度も変えたのは

自分に合った、仕事を探すにはとにかく、飛び込んで

みないと、わからないと思って、色々やってみました。

結局、18歳で高校を出て、そのまま工場に就職しました。

それから、7年間くらい色々な仕事をして、一番長かった

営業職に就きました。正直はじめは、わからないところから

無我夢中で仕事をしていました。あっという間に2年が過ぎて

すごく短く充実した2年でした。そこから何年かして、後輩も

入り教える、立場になってきて、自分の既存のお客様を、後輩に

譲り新規開拓の、仕事についてからは、苦悩の連続でした。

新規開拓できなけれは、当然、売り上げもなくて、本当に

会社に行くのが、苦痛でした。新規開拓をやらなければ。

いけないベテランの域に、なって来たので仕方ないと、思いながら

頑張りました。新しいお客さんでもかわいがって、くれて売り上げ

もそこそこ行きました。そこの社長が、まだ自分の2歳上の人で

30代で社長になり、イケイケな社長でした。そこでの面白い

エピソードをお話します。よく夕方その、お客様を訪問すると

今から呑みに、行くから付き合えと誘われて、私も呑みに行くのは

嫌いでは、なかったので誘われる。ままに行きました。

その社長は、お酒は強くないのですが、ピッチが速くてすぐに

つぶれます。つぶれるのはいいのですが、一度寝てしまうと

起きないです。困って代行運転で、家まで送って奥さんを

起こして、ベットまで届けるという事を、2回、3回と

やって付き合いなんだから、仕方ないと思いました。

ほとんどは、お客さんなのにごちそうしてくれました。

時々はこちらがだしました。こちらがごちそうしたものは、

会社から出ないので、ほとんど自腹でした。

もう付き合いがないので、誘われませんが、私が転職する

事が決まったら、送別会をやってくれて、涙が出るほど

嬉しかったです。どんな仕事でも、人間関係が大切だなと

思います。みなさんも仕事の、仲間との人間関係や

お客との人間関係は大切です。いつ助けてくれる人に

なるかわかりません。私は人間関係を大切にして

これからもどんな、仕事についても人との繋がりを

大切にしていきます。結局やりがいのある仕事とは

自分が好きな仕事、楽しい仲間がそばにいて、助けて

くれる会社、これが大切です。少し働いても

わかりませんので、まずは飛び込んで、合わなければ

辞めていいと思います、自分の人生ですので

自由に働けば、いいです。

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-仕事の話

Copyright© tenrublog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.