仕事の話

飲食業の現状

みなさんこんばんは、今日は近所の飲食店のオーナーさんと、コロナウイルスの影響で全国に

緊急事態宣言が出されてからの、飲食店の状況をお話します。初めに隣にある、お寿司屋さんの

大将とお話しました。夫婦で20年近くここで、営業していてやはり初めての経験だそうです。

ここまでお客様が来ないとは、思っていなかったそうです。近所の人が常連のお客様で、

お店を開いていないと、常連様も来なくなってしまうので開けている状態だそうです。

それに非常事態宣言が出てから、飲食店等に対する補償の、問題がまだどうなるかわからない

状況でお店を閉めたら、自分の首を絞めてしまうので、やらざるおえないですとの事です。

以前は美味しいという、評判が広がって県外からのお客様が来ていたそうです。

今は他県に移動するのは、感染リスクが高いので移動できないですね。そんな背景があります。

どうしても営業しなければ、先行き不安なようです。

それともう一軒は先月にオープンしました。バーのオーナーさんとお話をしたら、今日は女子会の

予約が入っていて、たこ焼き女子会を開きたいとの事で、たこ焼きのプレートはないので

持ち込みでも、いいですよ。と予約を取ってドリンクは頼んでくださいと話したそうです。

もうなんでもありです。できることをやる、お客様が希望の事を、させてあげるということでした。

ある意味なんでもありですね。そんなことを言ってました。比較的に明るくて前向きだなと思いました。

もうひとつは、私たちのコンビニです。もう元気に明るくまずは、お金のかからない部分で、

工夫をして、お客様を呼び込む計画です。まずはファミチキ君の着いぐるみを着て、店頭に立ってようかと

思ってます。インパクトはありそうですよね。それと後は宅配サービスです。これは引きこもりに

なっている、人たちの役に立てて、なおかつて店舗の打ち上げを上げることは、一隻二兆と思いました。

こんな対策を考えています。みなさまのお店どうですか?やはり前向きに、工夫していくしかないですよね。

今日も読んでくださいましてありがとうござます、 

感謝しています。

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-仕事の話

Copyright© tenrublog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.